寝具が大切でいとおしく、やさしい気持ちになります。 ( 寝床内気候と快適感 )

 幸せな暖かい気持ちで眠ることができてます。寝具が大切でいとおしく、やさしい気持ちになります。眠りの質も変わってきています。うれしいです。 ( 30代男性 兵庫県尼崎市 会社員 )

気持ちよく眠れると、心も体もスッキリ、布団に入ったときは、思わず『あー気持ちいい』と思うものです。そのためには、寝具を季節の室温に合ったものにする必要があります。布団の中の温度が、33度くらいで、湿度が50%が気持ちよく感じる、布団の中の環境です。それを、寝床内気候(しんしょうないきこう)といいます。ねむり家では、この快適な布団の中の温度を保つために、高品質で厳選された天然素材を、国家資格を取得した職人が一つ一つ手作業でお作りしてます。それが、寝具をいとおしく思える訳かと思っております。朝起きると、布団をたたんで、カバーもよく洗い、天気の良い日は布団を干す、これも体が喜ぶ眠りをするための大切なことかと思っております。

 

Copyright © 2011 nemuriya. All Rights Reserved.