何となく改善されているように思います。(手のひらの重要性)

仰向けで、手のひらを上!を心掛けて寝付くようにしています。(その後はわかりませんが)何となくですが改善されていくように思います。ありがとうございました。

横向き寝やうつ伏せ寝は、安心して眠れますが、鎖骨が前に変形したり、顎がズレて顎関節症になったり、体のハリや痛みにつながりやすくなります。長年の横向き寝で、体重負荷によって鎖骨が前に弓なりになっておられる方が多く、四十肩や五十肩の痛み、猫背の見栄えの悪さにつながってます。

それを改善するには、仰向け、鼻呼吸で、手は手の甲を上ではなく、手のひらを返すことにより、改善と骨の変形の回避ができます。もともと、眠って不快感があることが、体からの危険信号です、少しでも不快感をなくすことが大切になってきます。それには、睡眠環境を整え、生活スタイルも体の喜ぶようにすることが大切になってきます。

 

 

 

 

Copyright © 2011 nemuriya. All Rights Reserved.